Top / 日本の歯科医療の評価〜その2

&color(Blue){''みんなの歯科ネットワークメールマガジン17号 発行 2008/01/12''};

&color(Blue){''第4回  〜日本の歯科医療の評価〜その2''};

----------------------------------------------------------------------

前回は、他の先進国の「12歳児のDMFT」と「65歳以上の無歯顎者率」を比較してみてみました。

今回は、日本人の口腔内の状態・・【20歯以上有する者の割合】の推移を見ていきます。

データは、厚生労働省の「歯科疾患実態調査」からです。

#ref(hyou.gif)~
 



昭和62年(1987年)調査の80歳以上の年齢階級は参考値。~
(80歳以上の層をひとつの年齢階級としたため、平成5年、11年、
17年の調査値とは質的に違うデータである) 

グラフにすると
#ref(graph.gif)~
のようになっています。

確実に歯の寿命が延び、20歯以上を有する者の割合は
40歳以上のいずれの年齢階級でも増加しています。

80歳で20歯以上の歯を有する者の割合は、初めて20%超えました。
(75−79歳では27.11%、80−84歳では21.1%)

長寿国で知られる日本ですが、平均寿命の延びよりも、歯の寿命の
伸びのほうが大きくなっています。

歯科医師の治療や保健活動を通じて、国民の全身の健康増進や長寿に
貢献してきたことはおおいに誇ってもよいでしょう。
~
~

    トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ