Top / H20 第6部注射

第6部注射

通則

1、 第1節に掲げられていない注射であって簡単な注射は、基本診療料に包括されているため、 第2節の薬剤料のみで算定する。

2、 その他については、別添1の第2章第6部に掲げる通則の例により算定する。

第1節注射料
医科点数表の第2章第6部第1節に掲げる注射料(医科点数表の区分番号G003−3に掲 げる肝動脈塞栓を伴う抗悪性腫瘍剤肝動脈内注入、医科点数表の区分番号G007に掲げる腱 鞘内注射、医科点数表の区分番号G008に掲げる骨髄内注射、医科点数表の区分番号G00 9に掲げる脳脊髄腔注射、医科点数表の区分番号G011に掲げる気管内注入、医科点数表の 区分番号G012に掲げる結膜下注射、医科点数表の区分番号G012−2に掲げる自家血清 の眼球注射、医科点数表の区分番号G013に掲げる角膜内注射、医科点数表の区分番号G0 14に掲げる球後注射及び医科点数表の区分番号G015に掲げるテノン氏囊内注射を除 く。)の例により算定する。


リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2008-03-05 (水) 17:48:01 (4508d)