Top / 補綴物製作点数材料点数



H20.04.改定

補綴物点数H20_04.jpg
  • 総義歯製作点数2050点、材料点数7点で、装着料230点。(義歯は点数の中に装着料が含まれる)合計2287点です。
  • クラウンの場合は、装着料は、別項目です。装着料は45点です。

    金銀パラジウムの価格は平成20年4月から、614円→702円へと改定されました。
    技術料については、硬質レジン前装冠、硬質レジン前装ポンティックが下がりました。

    技術料70%(円)については 7:3問題解説ページをご覧ください。






H18.10.改定

補綴物点数.gif



平成18年10月改定(平成19年4月の改定ではパラ価格の変更はなし。)


7:3問題解説ページのページもご覧ください。


  • 総義歯製作点数2050点、材料点数7点で、装着料230点。(義歯は点数の中に装着料が含まれる)合計2287点です。

  • クラウンの場合は、装着料は、別項目です。装着料は45点です。
  • パラの価格は、パラジューム地金の需給量の推移のページをご参考に。614円×30g=18420円(税込み)の価格設定ですが、現在の実勢価格は20000円〜22000円?

  • 全部鋳造冠の材料料の設定されたパラの用量は、2160円÷614円=3.5g(大臼歯)

  • 同じく小臼歯、2.5g

  • 中間消耗材料、電気炉、鋳造機の減価償却費が一切乗ってこない。技術料はプライスレス? -- のびた? 2007-05-24 (木) 18:10:12

  • 技工料金の現実は、→http://www.minnanoshika.net/wiki/index.php?%BB%F5%B2%CA%B5%BB%B9%A9%B4%D8%B7%B8%2F%B5%BB%B9%A9%CE%C1%B6%E2%A5%A2%A5%F3%A5%B1%A1%BC%A5%C8

  • 青本p244〜245
    M005装着 (4)歯間離開度検査、装着後の歯冠修復の調整等の費用は、装着の所 定点数に含まれ別に算定できない。
    (8)欠損補綴の装着には咬合音検査の費用は含まれ、別に算定できない

  • 青本P249〜M010 鋳造歯冠修復
    の項では、調整等にかかる費用が含まれる旨の記述は一切ありません

  • つまり、調整に関する費用は装着料に含まれていると考えられます。
    したがって、私は装着料の技術料評価が低すぎるという言い方をしないと、議論 をかわされてしまう恐れがあります。
     ですので、私の論点としては
    ・歯科医の技術料を上げる要求として、装着料について
    ・技工士の技術料を適正に評価するために、鋳造物本体料について
    と考えております。

     7:3問題については、当時から補綴物の低点数をどのように配分するかという 議論であり、低点数を前提としたものであったと私は記憶・理解していますが、
    この点についてご教授頂ければ幸いです。





NPO-rogo.gif

                                    ↑みんなの歯科ネットWIKIトップページへ。


添付ファイル: file補綴物点数H20_04.jpg 1061件 [詳細] file補綴物点数.gif 1195件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2010-05-23 (日) 09:36:54 (2562d)