Top / これからの社会保障は

これからの社会保障は           朝日新聞、朝刊、15面、2006年7月21日 !

 6月に医療制度改革の関連法が成立し、小泉内閣の社会保障改革が 区切りを迎えた。改革をどう評価し、これからの社会保障の姿をどう 描けばいいのか。「人生前半の社会保障」という新たな提案をしてい る広井良典・千葉大法経学部教授に聞いた。(聞き手・山本修嗣)

千葉大法経学部教授 広井良典さん

ひろい・よしのり 61年生まれ。専門は社会保障論、公共政策。03年から現職。著書に 「日本の社会保障」「生命の政治学」(いずれも岩波書店)など。今月、「持続可能な福 祉社会」(ちくま新書)を出版、新たな社会保障の姿を提示した。

限界に来た公共事業型/医療福祉重視に転換を

  • 社会保障改革は一段落しましたが国民の不信、不安はなかなか消えません。

 「日本の場合、公共事業が職を提供して生活を保障するなど、実質的に社会保障の機 能を担ってきた。農業補助金や中小企業への補助金、地方交付税なども同じ機能を果た してきた。つまり、生産部門の中に社会保障や再配分機能が組み込まれ、ある程度の平 等が達成されてきた」

  • それが限界に来た。

 「高い経済成長の時期にはそれなりに機能していた。それが80年代以降の低成長時代 になると、公共事業は業界の既得権となり、無駄も指摘されるようになった。小泉政権 はこの負の側面を一度壊し、市場経済の波に洗わせようとした。同時に社会保障的な機 能を果たしてきた政策をやめたり、減らしたりしたため、人々は保障のないところに放 り出されるようになった」
 「一方で、社会保障的な機能を担ってきた家族や会社といったコミュニティーも崩れ ている。公共事業型社会保障に代わる社会保障を強化していかないと、生活の不安定化 や混乱が拡大していく」

  • 今の社会保障制度はその穴を埋め切れませんか。

 「国内総生産(GDP)に占める社会保障費の割合は、先進国の中で米国と並んで低 い。社会保障には所得の再配分とリスクの分散という機能があるが、日本は医療保険の ようなリスクの分散機能にほぼ集中してきた。再分配機能が初めて重要視される時代に なったといえる」




pukiwiki.png

                                   ↑みんなの歯科ネットWIKIトップページへ。


リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2007-01-18 (木) 16:58:24 (4478d)